手軽な噛み合わせ矯正・マウスピース矯正はデメリットにも注目!

コウゴウラボ - 噛み合わせ治療で審美UP&全身不調も癒える
トップへ戻る
  • コウゴウラボトップへ
  • 噛み合わせは正しい?
  • 歯科検診で咬合チェック
  • 噛み合わせ治療の効果
  • 咬合治療の名医を探すには
  • 手軽な噛み合わせ矯正方法
  • 治すべき噛み合わせの種類
  • 悪い噛み合わせが招くこと
  • 過蓋咬合に顎関節症リスク
  • 難症な噛み合わせの治療法
【手軽な噛み合わせ矯正方法】

手軽なマウスピース矯正は、デメリットにも注目して

透明なマウスピース

歯科矯正の方法の1つに、マウスピース矯正があります。マウスピース矯正は、そう重くない症例に対して行われるものです。たとえば「歯並びや噛み合わせが悪いけれど、ワイヤー矯正が必要なほど深刻な状態ではない」などという場合です。目立たない・脱着自由など手軽さがマウスピースのメリットですが、費用が安くないなどデメリットもあるものですから、じっくり検討してから決めるようにしましょう。

矯正用マウスピース、アライナーの使い方

透明のマウスピースを装着している歯

マウスピースには、スプリント、ナイトガード、アライナーなど多くの種類があります。さまざまな目的で使われていますが、歯並びや噛み合わせの矯正が目的の場合には、アライナーというマウスピースが用いられます。アライナーは透明なので、クリアアライナーとも呼ばれます。

アライナー(クリアアライナー)によるマウスピース矯正の手順を説明します。まずは歯医者で歯を型取りして、オリジナルのマウスピースを製作します。マウスピースが出来上がったら、歯に装着して矯正を行います。矯正の効果を着実に出していくためには、1日20時間は装着する必要があります。

装着を2週間ほど続けたら、新しいマウスピースと取り換えます。新しいマウスピースも、はじめと同じように1日最低20時間装着します。マウスピース装着→約2週間後に新しいマウスピースに交換して装着、というサイクルを何度か繰り返すことで、少しずつ歯並びや噛み合わせの矯正をはかっていきます。

マウスピース矯正は、0.3mm~0.5mmずつのペースで、歯を移動させていきます(インビザラインの場合は0.25mmと決まっています)。もどかしく感じるかもしれませんが、一気に移動させようとすると歯を痛めてしまいます。微細に形をかえて製作したマウスピースを次々に交換・装着していき、少しずつ圧力をかけて、無理なく歯を移動させていく…これが、マウスピース矯正のポイントなのです。

マウスピース矯正のメリットとデメリットまとめ

アライナーによるマウスピース矯正のメリットとデメリットを、以下にまとめてみました。

― メリット ―

  • さまざまな矯正装置のなかで、いちばん目立たない
  • 自由に脱着できるので、食事の妨げにならない
  • 自由に脱着できるので、歯や装置のケアがしやすい
  • 他の矯正治療よりも期間が短め(半年~2年くらい)
  • 金属アレルギーの患者さんでも安心して使用できる※

※マウスピースは、プラスチックやシリコンでできています。

― デメリット ―

  • 抜歯が必要になるような、重症例には使用できない
  • 自由に脱着可能なぶん、患者さんの怠慢で装着時間が短くなることも
  • 歯根が溶ける歯根吸収が起きることがある

相場は30万~60万。医療費控除で軽くできることも

マウスピース矯正の費用は、基本料金だけでも30万円~60万円くらいします(おおよその相場です)。決して安価に受けられる治療ではありませんから、よく考えてからご決断ください。

費用負担を小さくしたい場合、医療費控除の制度を利用する方法もあります。医療費控除の制度とは、一年間で計10万円以上の医療費を払っていた場合、確定申告を行えば税金の一部が戻ってくるという制度です。金額や手続き方法など詳しく知りたい方は、以下の国税庁のサイトを参考にしてください。

医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm


Copyright (C) 2014 コウゴウラボ All Rights Reserved.